ケイムラとグローの違いって?ゆきうさぎがわかりやすく解説します♪【釣り】

海釣りで使う仕掛けやルアー、エリアトラウトのルアーなどでよく目にする『ケイムラ』『グロー』『蓄光』『夜光』などなど。

これらは、光や紫外線に反応して発光したり蓄光したりするものなのですが、『蓄光』や『夜光』など漢字表記のものはなんとなくイメージできますが、『ケイムラ』や『グロー』などのカタカナ表記ですとわからないものってありますね。

そこで今回は、ケイムラとグローの違いをわかりやすく解説していきます♪



ケイムラとグローの違いは?

ここから『ケイムラ』と『グロー』の違いをそれぞれ詳しく説明させて頂きます♪

YouTubeにて解説動画も配信させて頂いておりますのでそちらもぜひ、ご覧ください★

『ケイムラ』とは?

ケイムラとは蛍光色の一種で、正式には蛍光紫(けいこうむらさき)と言います。ケイムラの『ケイ』は蛍光の蛍、『ムラ』は紫を意味しているのです。つまり蛍光紫を略して『ケイムラ』となったようです♪

ケイムラは、目に見えない紫外線を可視光線に変換します。ケイムラが塗られた物体に紫外線(UVライトなど)を当てると、青白く発光します。(紫なのに青いのはなぜ?というのは気にしないでおきましょうw)青い光は可視光線の中で、一番吸収されにくい特徴があります。

ケイムラは紫外線に反応するだけなので、UVライトを当てても光を溜めることはできません。暗闇など、完全に紫外線がない状態では効力を失います。

紫外線には、可視光線が届きにくい深く暗い状況でも、水中を透過する性質があります。曇りや雨の日でも日中は紫外線が降り注いでいるため、ケイムラは発光し続けます。(深度どれくらいまで届くのかはわかりませんでした。。)

蛍光灯では紫外線が足りないようで、発光しません。

UVライト(紫外線)を照射すると青白く発光します。

UVライト(紫外線)を外すと発光しませんね。これがケイムラの効果です♪

『グロー』とは?

蓄光素材・塗料を用いたものを『グロー』『ルミナス』『夜光』『蓄光』などと呼ばれています。

蓄光とは明るい所でエネルギーを溜めて、暗い所で発光する素材です。太陽光や蛍光灯などに含まれる紫外線などを受けることで、光エネルギーにより蓄光顔料に含まれる電子が興奮した状態(励起状態)になります。(これ以上の詳しい説明は専門的になってしまうので、省略します!)

分かりやすく説明しますと、

紫外線を当てると、光エネルギーを蓄え、自ら発光する!

これが『グロー』です♪

グロー(蓄光)は太陽光がなくても、紫外線を照射できる機材(蛍光灯、UVライト等)があれば、暗闇でも発光させることができるのです。

明るい場所では、発光しているか分かりませんね。

UVライトを照射した瞬間から発光します。このままUVライトを30秒ほど当て続けました。

UVライトを消しても発光したままですね。紫外線を照射した事により光エネルギーを蓄え、自ら発光している状態です。これが『グロー』の効果です★

ケイムラとグローはどのようなものに使われているの?

上記で『ケイムラ』と『グロー』の違いがわかったと思います♪

では、実際に『ケイムラ』と『グロー』がどのようなものに使われているのかを見ていきましょう♪

【エリアトラウト用プラグ】

こちらはエリアトラウト用ルアーですが、カラー名に『グロー』という文字が入っています。

【サビキ釣り仕掛け】

こちらはサビキ釣りで使用する仕掛けですが、『ケイムラ』という文字が入っています。

【エリアトラウト用プラグ】

こちらはエリアトラウト用ルアーとソルト用ソフトルアーですが、『ルミナス』という文字が入っています。

他にもルアーカスタムペイントなどで使われる塗料もあります。

東邦産業 ケイムラコート 10ml

東邦産業 ケイムラコート 10ml

518円(11/27 09:14時点)
Amazonの情報を掲載しています
東邦産業 #0452 ダイアカラー 蓄光グリーン

東邦産業 #0452 ダイアカラー 蓄光グリーン

530円(11/27 17:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

他にもまだまだ沢山ありますが、キリがないのでこの辺りにしておきましょうか(笑)

★まとめ★

これまでの事を簡単にまとめますと

『ケイムラ』

  • ケイムラが塗られた物体に紫外線(UVライトなど)を当てると、青白く発光する。
  • 紫外線が当たっている限り発光し続ける。
  • 紫外線が届かない場所では発光しない。
  • 日中なら曇りや雨の日でも紫外線が降り注いでいるので発光する。
  • 夜や暗闇などでは発光しない。(常夜灯など紫外線が含まれるライトがあれば発光できる)

『グロー』

  • 明るい所でエネルギーを溜めて、暗い所で発光する。
  • 夜や暗闇でもUVライトなどの紫外線を照射できる機材があればどのような場所でも蓄光できる。

これで『ケイムラ』と『グロー』の違いが分かりましたね♪

最後に、『ケイムラ』と『グロー』以外の言葉で表記されているものを簡単に区別する方法をお教えいたします♪

それは

UVライトを当ててみる!

UVライトを照射して、照射を止めた時に発光し続けているものは『グロー』、発光が照射中のみなら『ケイムラ』です♪

これなら分かりやすいですよね★

購入後のものや、すでに手元にあるものはこれで区別できますが、お店に陳列されているものにUVライトを照射する訳にはいきませんね(苦笑)

お店にあるものは店員さんに確認しましょう♪

という事で今回は『ケイムラ』と『グロー』の違いについてわかりやすく解説させて頂きました♪

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます★

HEDGEHOG STUDIO・Avail・ZPIなど各種カスタムパーツが勢揃い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA