【バス釣り】上野沼で初ボート釣行と、釣り人のこと

みなさんこんにちは♪

ゆきうさぎデスゥ★

 

久しぶりにバス釣りの話しができるのでちょっと

嬉しいです♪

 

今回は茨城県にある上野沼という所でボート釣行してきたんです♪

 

人生初のボート釣行!

しかもぼっちで手漕ぎです!

 

あ、先にその時の様子を動画で紹介させてください★

 

いかがでしたか?

正直キツかった!!

 

もう、肉体的にも精神的にも辛かった(泣)

次行くときはなるべく2人で行こうと思いました(苦笑)

 

と、ここで動画の最後にもちらっとあった陸っぱりのことにも

触れておきましょうかね。

 

上野沼が完全に陸っぱり禁止になったのは

1年前ぐらいでしょうか。

ご存知の方も多いと思いますので

事情は詳しく触れません。

(ネットで検索すると詳しく知ることができると思います)

 

ま、要は釣り人と散歩を楽しんでいた方とのトラブルなんですよね。

これは他の場所にも言えることなのですが、

釣りしてる方って、まるで我が物のような態度や行動をする方が多いですよね。

これって間違ってますからね!

もちろん、管理釣り場のような釣り専用の場所なら話しは別ですよ。

でも、管理釣り場に家族連れで散歩にくる人なんていませんよね。

 

野池、ため池、湖、ダム、川、海など、

気軽に楽しく釣り出来るところはたくさんあります。

が、そこは釣り人だけが使用する場所ではないということを

しっかり認識しなければいけません。

なんのための遊歩道なのか、なんのための農道なのか、

なんのための港なのか、なんのためのため池なのか、など。

 

これらの場所で釣りができるメリットって、

気軽に

無料で

楽しく

できる事だと思います。

 

特に場所代もかからず無料で出来るところに

魅力を感じるのではないでしょうか。

 

正直僕はそうです。

 

エリアでトラウトを釣りに行くか、

野池や川でバスを釣るか、

海で釣るか、

 

僕の選択肢はこの3つです。

 

この3つの候補を選ぶときに考えることが、

釣った魚を持ち帰るか

場所代の有無

どんな魚を釣りたいか

時間に余裕があるか

 

ぐらいですかね。

 

釣った魚を食ぶるときは、エリアか海の2択になります。

タダで釣りしたいときは、海か野池や川などの2択になります。

時間に制限があるときには、エリアか野池や川などの2択になります。

 

こんな感じで考えるのですが、本当に何かのついでに30分だけとか

出来るのはバス釣りなんですよね。

 

気軽に立ち寄れて楽しくルアーフィッシングができるのは

やっぱりバス釣りなんです♪

 

だからこそ!

 

その場所で釣りが出来なくなるのはとても残念なことですし、

そういった場所がなくなってしまうと

バス釣りも管理釣り場のような場所でしか出来なくなってしまう。

そんな場所、近場にないしお金も掛かる!

 

お金かかるなら、食べられる魚の方がいいなぁ。

って僕ならなりますね。

 

ちょっと極端ですけどね。

 

でも、釣り人のマナーの悪さはずーっと言われ続けていることなのも事実。

僕も釣り始める前は、川や近所の沼など子供と散歩してて

嫌な思いたくさんしましたしね。

足にフックが刺さったり、散歩してるのに釣り人に邪魔そうな目で見られたり、

子供と遊んでて「うるせー!!」って怒鳴られたこともありましたね。

 

こんな事を続けていたらそりゃ立入禁止、釣り禁止になるでしょ。

 

今は僕も釣りの楽しさを知り、色々な場所へ行きますが、

やっぱりマナーの悪い方はいます。

 

ただ、僕は自分で嫌な経験をした分、そうならないように、

少しでも印象が良くなるように

【偽善活動】というものを行ってます。

これは僕が釣りをしたいから、

この場所で釣りをさせて欲しいから、

せめて拾えるゴミは拾って行くから、

釣りさせてください!

という気持ちで行っている活動なんです。

だから慈善ではなく偽善なんです(笑)

だって、自分が釣りしたいからやるのであって、

そもそも釣りしなかったらそんな場所行かないじゃないですか。

ゴミ拾うためにわざわざ行くわけないですよね?

だから偽善なんです!

 

 

もちろん毎回ではありませんが、

あまりにも酷い時なんかは拾ってます。

 

こういった活動が、広がっていけば少しでも釣り人の印象が良くなれば、

気軽に楽しく釣りできる場所は残して行くことができると思います♪

 

と、ボートの話しより釣り人の話しの方が長くなってしまいましたね(苦笑)

 

でも、これってすごく大切なことだと思うんです。

ゴミを拾わないにしても、ゴミを捨てて行く人が1人でも減っていけば

落ちているゴミも減って行くんですから。

 

今回はこの辺で終わりにしますね(苦笑)

 

最後までお付き合い頂きありがとうございます★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です